BLOG

宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターを訪問しました

12月13日~14日、JAXAが主催する個別相談会及び意見交換会と、その翌日の筑波宇宙センターでの宇宙日本食事務局との打ち合わせに参加してきました。既に十勝毎日新聞でも報道されているように、清水町の十勝スロウフード様が「pre宇宙日本食」認証への申請を進める上での訪問となりました。

13日の個別相談会では申請にあたって、質問について宇宙日本食事務局から回答を頂きました。また、その後に行われた意見交換会では、最初に宇宙飛行士の大西卓哉氏から「宇宙飛行士からのフィードバック」と題した報告がありました。

翌14日には筑波宇宙センターで申請に向けての更に具体的な打ち合わせをしてきました。残念ながらその内容をお話しすることは出来ませんが、順調に進むと2020年には十勝スロウフード様の商品が宇宙に飛んで「宇宙めし」となれるでしょう!

☆2019年1月号から連載が始まった「宇宙めし!(月刊スピリッツ)」☆

筑波宇宙センターのミュージアムに展示されていた宇宙日本食の画像です。

亀田の柿の種(亀田製菓)とピーチゼリー(ハウス食品株式会社)

 

スペースカレー(ハウス食品株式会社)

初めてJAXAを訪問したのが昨年秋でした。それから1年と少しが過ぎ、今回十勝の事業者様が宇宙日本食認証に申請頂けることになり、感慨深いものがあります。今後は次そのまた次と十勝からの食品が宇宙日本食の認証を受けられるよう、お手伝いできればと思います。

ちなみに今の宇宙食がロシアとNASAが用意する標準食(ルーチン食)に対して宇宙日本食はボーナス食扱いですが、JAXAは2024年を目処に標準食への採用も視野に入れた取組みを進めるとのことです。いつかこの十勝が「国内における宇宙日本食の生産拠点」となることを期待しています。

関連記事

ページ上部へ戻る