クリサポとかちについて

クリサポとかち(CREATION SUPPORT TOKACHI)
(正式名称:「とかち帯広の地域資源を発掘し磨く新商品・新サービス開発事業」)

帯広地域雇用創出促進協議会が、厚生労働省の委託事業である「実践型地域雇用創造事業」の委託機関として平成29年7月から平成32年3月までの間実施します。

帯広・十勝で生み出される質の高い農畜産物や、広大な自然環境・四季がはっきりと体感できる気候などの地域資源を見つめ直し、マーケティングの視点を持ちながら磨きあげることで、「ここしかない」農産加工品などの新商品開発や、訪れる観光客等への新サービスなどの成果物の開発を行います。
成果物は、試食会などのモニタリングによるブラッシュアップを実施し、成果物公開セミナーの開催を通じて、地域内の事業所の6次産業化を促し、農畜産物の高付加価値化と観光振興による雇用創出を目指します。

クリサポとかち基本情報

事業名
クリサポとかち(CREATION SUPPORT TOKACHI)
厚生労働省委託 実践型地域雇用創造事業
とかち帯広の地域資源を発掘し磨く新商品・新サービス開発事業
所在地
〒080-2462
北海道帯広市西22条北2丁目23-9(十勝産業振興センター内)
連絡先
TEL:0155-67-8159
FAX:0155-67-8179

帯広地域雇用創出促進協議会とは

帯広とかちの雇用機会拡大につながる事業を実施し、その事業の核となる産業において新たな雇用を創出することを目的として誕生した団体です。
協議会では、平成26年7月1日より、厚生労働省から委託された実践型地域雇用創造事業に取り組んでいます。企業の雇用拡大セミナー、求職者のスキルアップ講座の開催や、地域の特性を踏まえた事業のほか、食・観光といった分野での商品開発・販路拡大に取り組み、雇用の場の確保を目指します。

代表者
会長 相澤充 (帯広市 商工観光部長)
設立
平成17年2月25日(帯広地域雇用創出促進協議会 設立)
平成26年7月1日(食ラボとかち 事業開始)
平成29年7月3日(クリサポとかち 事業開始)
構成団体
北海道十勝総合振興局/帯広市/帯広商工会議所/
北海道商工会連合会十勝支所/北海道中小企業団体中央会十勝支部/
公益財団法人とかち財団/
一般社団法人北海道中小企業家同友会とかち支部/帯広大谷短期大学

アクセス

ページ上部へ戻る